忍者ブログ
起業してみる。めざせ起業家、若手起業家になるまでの日々の記録

         




とりあえず、今回の話題はこちらの記事です。

単位売りの少女「単位いりませんかー…」が大学生の心理をすごく表している!?


簡単に説明するとマッチ売りの少女の大学の単位版で、最初は全く売れないけど、学年末に一気に売れるというお話です。
しかも、最後はお値段を倍にして・・・

物を売る時買う人が多ければ高くても売れるし、いなければ安くても売れないわけです・・・
これは、野菜や魚などでもそうですが、いっぱいある時は安いし、不作などでなければ高くなります
需要と供給の関係ですね・・・

大学生の心理をすごく的確に表しているものだと思いますが・・・
これを見ていると日本の将来が不安になります。

私自身はどこにでもあるその辺の大学でしたが、単位はそれこそ売るほど取りましたし・・・・
(実際問題売れないけど・・・)
取りたい講義を取っていたので、結構キツイ思いもしましたが・・・
いくつかのサークルといくつかのバイトを掛け持ちして、忙しかったけど充実した4年間でした。
今使っているネットの知識や法律、今行っている事業の大半は大学時代に培った知識やノウハウなどを元にやっています。

当時でも、楽な講義をとり、出席しなくても良い講義の情報をかき集めている学生はすごく多かったですが・・・
学生さんの話を聞いていると今も昔も変わらないようで・・・
相変わらずのようです・・・。


さて、ここから本題なわけですが・・・
私が思うだけですが、どこの大学に進むかよりも大学でどう学ぶか?どう活用するか?の方が重要だと私は思います。

もちろん、いい大学に行けばいくほど学べるものも多いでしょう・・・
ただし、一流大学を適当にほとんど講義に出ずに、バイトもその辺で適当にサボりつつ稼いで遊んで卒業した学生よりも、
三流大学で真面目に取りたい授業や将来役に立つ物を選んでしっかり取り、更にサークルや
将来のスキルのつくバイトを選びしっかり将来を見据えて勉強し、稼いだ学生の方が正直使えます。
バイトがサボるのはある程度仕方がないでしょうし、ぶっちゃけそこまで将来に影響しませんが、正社員がサボると、会社としても困るし、そんなやつ出世させられませんよね?
まあ、要領良くサボる人間を見抜けずそういう奴が出世する会社もあるんでしょうけど・・・

どんな大学でも、一人や二人は目玉というか、天下りというかすごく出来る先生が紛れ込んでいたり、別の大学と掛け持ちしていてその片方は有名私大なんてことも結構あります。
大学で宇宙語を話すと学生に馬鹿にされてる先生はただのアホか出来すぎで学生がついていけないかの二択でそういう先生を見抜ければ結構使えます。
特にそういう先生の中で研究室に行ったら一生懸命教えてくれる先生・・・
是非活用してみてはいかがですか?それこそすごい知識を惜しみなく教えてくれる人もいますよ?

ということで珍しく長々と書いてしまいましたが・・・
このへんで・・・。



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(情報通信業)へ
にほんブログ村

起業・独立 ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
いつか笑って過ごせる日まで
性別:
非公開
忍者AdMax
最新記事
(07/20)
(07/20)
(06/24)
(04/26)
(04/05)
広告

時間がない方の為の本要約サイトです。読みたいけど読めなかったあの本が10分で内容が把握できます。

ニュース
忍者ブログ [PR]