忍者ブログ
起業してみる。めざせ起業家、若手起業家になるまでの日々の記録

         



さて、最近集団的自衛権とか憲法9条という言葉がよく聞かれますが・・・
集団的自衛権についてなに?と聞かれることが増えています。
普通に答えても中々わかってもらえないので日常に置き換えて説明してみると意外と皆さんわかってくれるので、その説明をこのブログにも載せてみたいと思います。

これまでだと
ある日、日本君は友達のアメリカ君と一緒に歩いていました。そこに中国君が現れ日本君を殴りました、アメリカ君は日本君を守るために中国君を殴り追っ払いました。
またある日日本君はアメリカ君と一緒に歩いていました。そこに中国君が現れ、今度はアメリカ君を殴りました。日本君は憲法9条教の信者だったので殴ることが出来ず、アメリカ君を放置して逃げました。

となっていたのですが・・・
憲法9条の解釈が変わったので、これからは

ある日、日本君は友達のアメリカ君と一緒に歩いていました。そこに中国君が現れ日本君を殴りました、アメリカ君は日本君を守るために中国君を殴り追っ払いました。
またある日日本君はアメリカ君と一緒に歩いていました。そこに中国君が現れ、今度はアメリカ君を殴りました。日本君は憲法9条教の信者でしたが、友達を守るためなら殴ってもいいのでアメリカ君を守るため中国君を殴ってアメリカ君と一緒に中国君を追っ払いました。

とこうなります。
同盟=友達
戦争=殴る
と置き換えるとこんなかんじになります。

日常生活だと110すればいいという方もいますし、もちろんそのとおりかもしれませんが・・・
国際社会の110ってなんですか?国連ですか?国連は安保理の常任理事国に中国がいます。
拒否権があるので、中国相手には制裁を加えたりすることは事実上できません。
そもそも国連とは正義の味方でも無ければ弱いものの味方でもありませんし、公平なんてものはありません。まあ、警察がそうかといえば・・・・ですが・・・

こう考えると集団的自衛権って当たり前なものだと思いませんか?







にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(情報通信業)へ
にほんブログ村

起業・独立 ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
いつか笑って過ごせる日まで
性別:
非公開
忍者AdMax
最新記事
(07/20)
(07/20)
(06/24)
(04/26)
(04/05)
広告

時間がない方の為の本要約サイトです。読みたいけど読めなかったあの本が10分で内容が把握できます。

ニュース
忍者ブログ [PR]