忍者ブログ
起業してみる。めざせ起業家、若手起業家になるまでの日々の記録

         



食品偽装のレストランに返金を求めに来たのはどんな人?
この記事を読んでいてふと色々思ったので記事にしてみる

食品偽装レストランの返金対応だが・・・
上の記事によると3人の経験が掲載されている

・レストランから謝罪と返金の電話があったが行かなかった人
・返金してもらおうと行ったけど対象外だった人
・返金してもらおうと行ったら、日付などがわからないと対応できないと言われた人

一番上の人はいいのですが・・・
下二人の人には聞いてみたい。
「食べた時にその食材だから食べましたか?」
と「おいしかったですか?」
である・・・

私は、そこの店が気になっていく時とその食材が食べてみたくて行くときがある。
最近だと鹿の肉が食べてみたくて、鹿肉の専門店に食べに行ったことがある。
そこそこいいお値段で、私は美味しかったと思う。
一緒に行った方は気に入らなかったようですが・・・
このような時にもしも、後日実は鹿ではなく山羊だったんですって言われると
返金をしてもらいたくもなるかもしれないが、私は美味しかったのでまあいいかとなる
恐らく一緒に行った人は返金してもらうだろう。
不味かったと思ったらそもそも食材が違ったのだからそれは仕方がない。

しかし、ホテルのレストラン等に行く時どのくらいの人が食材目的に行っているだろうか?
私はそのホテルのレストランが美味しいと聞いたり、周りから勧められて行く、もしくは連れて行ってもらう。

美味しかったならいいのではないか?
そう思うのですよ

不味かったとか接客が酷かったとか・・・
そういうのがあったなら別ですよ?
きっと、そういうのはよく覚えているので、日付などもわかるだろうし、誰といったとかも詳しく覚えているだろう。

しかし、3人目の方のこのレストランの対応は・・・
基本的にはいつ食べたとか覚えていないだろうよ・・・
やはり、レシートがある方かレストラン側で履歴がわかる方限定にするべきではないだろうか?

何はともあれ偽装はよくない・・・
最近ノロウィルスも流行っているようですが・・・

食材、味、衛生すべてを本当にしっかりできるところが本当に一流なのではないかと思う。
私的には味と衛生さえしっかりしていればいいとは思うけれども・・・



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(情報通信業)へ
にほんブログ村

起業・独立 ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
いつか笑って過ごせる日まで
性別:
非公開
忍者AdMax
最新記事
(07/20)
(07/20)
(06/24)
(04/26)
(04/05)
広告

時間がない方の為の本要約サイトです。読みたいけど読めなかったあの本が10分で内容が把握できます。

ニュース
忍者ブログ [PR]