忍者ブログ
起業してみる。めざせ起業家、若手起業家になるまでの日々の記録

         


有名候補はどうしても人数の多い都心に集まるらしく、都心から離れてしまうとどうやらテレビなどで情報を集めるしかなく・・・どうにもしらけてしまっているようです。

都知事選:低投票率常連の瑞穂町「TV演説、心に響かず」

人数が少ないんだから仕方がない・・・といえばそれまでですが・・・
青ヶ島村、利島村、御蔵島村あたりは300人を切っているけれど、投票率は80%前後ある・・・
恐らく候補者もここまでは足を運ばないだろう・・・
おそらくは小さな土地なので選挙の場所までも行きやすいや村民同士での声の掛け合いなどがあるのだと思われる・・・
昔ながらの日本がそこにはあるのではないかと思う・・・

対する瑞穂町はベットタウンとして開発されているので、横のつながりが浅いのではないかと思う。
どちらがいいのか?と聞かれると何とも言えないが、恐らく前者では犯罪などがあっても周りで声を掛け合い犯人は割とすぐに見つかるのではないかと思うが、後者ではおそらく中々見つからないだろう

都会から田舎に引っ越してきた私的には、こちらに戻ってから近所の人にすぐに声をかけられ、住民以外がいるとすぐにあいつは誰だとなるので、不審者が発見しやすいそんな環境である。
ちょっと夜に出かけると次の日には何してた・・・?って親が聞かれるというめんどくささもあるが・・・、最近はいつも笑って過ごせる日さんは夜に働いてるから夜に出て行って明け方帰ってくると町の人間の過半数が知っているのでなにも言われなくなった。

田舎の街の繋がりというのはめんどくささもあるが、防犯という意味では割と機能しているのかもしれない

対して、瑞穂町は田舎ではなくどちらかと言うと過疎地と言う方がしっくり来るのかもしれない
都会の冷たさと人の少なさを併せ持つ・・・
まずは占拠率よりも町の体質から何とかしなければならないのではないだろうか?

極論かも知れないがそう思ってしまう・・・




にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(情報通信業)へ
にほんブログ村

起業・独立 ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
いつか笑って過ごせる日まで
性別:
非公開
忍者AdMax
最新記事
(07/20)
(07/20)
(06/24)
(04/26)
(04/05)
広告

時間がない方の為の本要約サイトです。読みたいけど読めなかったあの本が10分で内容が把握できます。

ニュース
忍者ブログ [PR]