忍者ブログ
起業してみる。めざせ起業家、若手起業家になるまでの日々の記録

         






約一年半ぶりの更新になってしまいました。最近全然更新してなかったのですが、少々書きたい事ができたのでブログを執筆してみる事にしました。

朝鮮戦争は1953年の休戦から64年が過ぎました。あくまでも朝鮮戦争は休戦状態であり、戦争は終わっていません。64年の間あくまでも戦いを休んでいるだけなのです。

韓国は朴槿恵前大統領の失脚により、大統領選挙が行われますが、親北派の文在寅氏が最有力候補となっています。その場合THAADの導入見送りや日韓合意の撤回等様々な問題が起こります。

北朝鮮は北朝鮮でミサイルの発射を連発し、核実験間近と言われており、アメリカトランプ政権による先制攻撃の噂も多くあります。まさに朝鮮半島有事間近と言われる状態です。

起こる方向性としては、

文在寅氏が大統領選挙に勝利し大統領に就任し、日本やアメリカと離れて、北朝鮮との連邦政府になり、日米に対して宣戦布告を行ってくる。
アメリカが北朝鮮への先制攻撃を行う。
北朝鮮が日本・アメリカ・韓国の何れかに先制攻撃を仕掛ける。

この辺りが主な候補と言えると思います。5月9日に韓国大統領選挙の投開票が行われる事を考えると、①は韓国大統領選挙後、②は韓国大統領選挙前になる可能性が高く、③はいつ起こってもおかしくない状態だと考えられます。

ピンチはチャンスと昔から言いますが、日本にとって朝鮮半島有事が起こった場合どんな状態になる可能性があるのか?どこにチャンスがあるのかについて不謹慎ながらあくまで私の私見を述べていきたいと思います。

まず、前提条件として、可能性の低いと思われる①はとりあえず考えない事とします。朝鮮半島有事が起こった場合アメリカVS北朝鮮もしくはアメリカ&韓国VS北朝鮮となると考えられます。その場合、日本に影響が来る可能性がある為、安倍政権は集団的自衛権を発動し自衛隊を派遣すると考えられます。

その場合、恐らく、民進党や共産党などは安保法の悪影響だと騒ぎ立てるでしょう。朝鮮半島有事終了後、恐らく安倍政権は解散をする事になると思います。朝鮮半島有事で上手く立ち回れた場合は、安倍政権の圧勝に終わると思いますが、上手く立ち回れず、大量の死者が出た場合は2つの可能性があります。

民進党や共産党等の左翼・リベラル勢力が圧勝するパターンが一つ。この場合は安保法案が悪となり、再度安保法が改正されるでしょう。もう一つのパターンとしては、自衛隊の弱かったからだや安倍政権の判断が甘いと国民が考えた場合は、右翼・保守勢力が一気に台頭する
でしょう。

二つ目のパターンの場合は、日本第一党や維新政党・新風辺りが一気に出てくる政権を取る可能性もあります。前者の場合は民進党や共産党がピンチをチャンスにしたといえますし、後者の場合は日本第一党や維新政党・新風等の右翼・保守勢力がピンチをチャンスにしたと言えます。

以上の様な感じで、自民党安倍政権or民進党や共産党等の左翼・リベラル勢力or日本第一党や維新政党・新風等の右翼・保守勢力のどこかが朝鮮半島有事後に政権を取ることになる可能性が高いと考えます。

ピンチはチャンスと言うと批判もありそうですが、有事の危険性などは多くの方が語っているので、切り口を変えてみました。頭の中でまとめる前にそのまま記事にしたので変なところがあっても多めに見て頂けると助かります。










にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(情報通信業)へ
にほんブログ村

起業・独立 ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
いつか笑って過ごせる日まで
性別:
非公開
忍者AdMax
最新記事
(06/24)
(04/26)
(04/05)
(11/24)
(11/16)
広告
ニュース
忍者ブログ [PR]